読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊覧飛行ーワインとゲームー

都内某所で働くゲームクリエイターのブログ。ゲームやビジネスに関する話題、シリアスゲームの紹介、作成したゲームの公開、ワインに関する記事など徒然なるままに書き記していきます。

[ワイン][赤]メニュ・ルージュ2010

みなさんこんばんは。

今日の家飲みワインはこちら!
メニュ・ルージュ2010。
「クロ・ド・メニュ」というワインで有名な、ボルドーの
格付けシャトーがそのコンセプトをそのままに作ったワインです。

f:id:ngyope:20150105215122j:plain

このワインを作るシャトーは、フランスの南西部、ワインの名産地である
ボルドーの中でも「サン・テミリオン」という地区に属しています。

ボルドーというと、果実味やタンニンのしっかりした
「カベルネ・ソーヴィニヨン」というブドウを思いつく人も
多いかもしれませんね。

しかし、このサン・テミリオン地区ではそのカベルネ・ソーヴィニヨンよりも
よりもまろやかでタンニンも控えめなな「メルロ」を主体としたワインが多く
作られています。
「ワインは渋いから苦手!」という人でも、メルロのワインならそれをあまり
感じずに美味しく飲めるかもしれません。

この「メニュ・ルージュ2010」もそんなサン・テミリオンらしく、
メルロとカベルネ・ソーヴィニヨンを主として作られた、まろやかな仕上がりに
なっています。


さて、まずは外観。
見た目は黒味の強い濃い色をしており、いかにもボルドーという感じ。

香りは、メルロの特徴であるプルーンや熟したベリー系の感じが前面に
出ていて、その奥からチョコレートの甘い感じやカシスの香りがほのかに
嗅ぎ取れるといった感じでした。

そして、気になるお味は、最初にコショウのようなスパイシーな感じと、
果実味のあるみずみずしさを感じたあとに、穏やかでふくよかなタンニンと
非常に長い余韻が続きます。
口の奥の方でぼうーっと残る余韻を感じていると、なにやら
焚き火の前でぼーっとしている時のような温もりや物憂ささえ感じられるよう。

そう、このワインはまるで精一杯雪合戦をしたあとで、
ストーブの前で冷えてじんじんする手を温めているような、そんなイメージを
醸し出してくれるようです。


値段も1500円程度と非常にお得なため、みなさんも一度試されてはいかがでしょう?

広告を非表示にする