読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊覧飛行ーワインとゲームー

都内某所で働くゲームクリエイターのブログ。ゲームやビジネスに関する話題、シリアスゲームの紹介、作成したゲームの公開、ワインに関する記事など徒然なるままに書き記していきます。

山吹色に輝くボルドーの甘口白ワイン

みなさんこんばんは。

数日ぶりにはやく仕事を切り上げることができたので、今日は近所の百貨店でワインを買って帰ってきました。

そのワインがこちら!
『シャトー・ガロー ルピヤック 2009』!フランスはボルドーの甘口白ワインです。

f:id:ngyope:20150129205744j:plain

ボルドーの甘口ワインというと、ソーテルヌ地区に代表される『貴腐ワイン』が有名です。
黄金色に輝き、とろけるような甘さで人々を魅了する…。
そんな蠱惑的な魅力に、たまには身をゆだねてしまうのもいいものです。

本日ご紹介するワインは、そんなソーテルヌ地区とは対岸に位置する、ルピヤック地区で作られた甘口の白です。
味や特徴は対岸のソーテルヌ地区と似ているものの、ソーテルヌほど知名度のある地域ではないので、お手頃な値段でいいワインに出会えるチャンスがあります。

この『シャトー・ガロー ルピヤック』は、そんなルピヤック地区の有名シャトー、シャトー・ド・リコーが作るセカンドワインです。分類は、貴腐ワインではなく『甘口白ワイン』となっています。


さて、早速飲んでみた感想を書きたいと思います。
まず、見た目は山吹色に近い澄んだ黄色。光を当てると緑色に反射して、いかにも「良く熟成された白ワイン」といった感じです。

最初に感じた香りは、柑橘類の酸味とやさしい苦味が融合している…そんな味がすぐに連想されるような香りでした。
いかにもボルドーの白ワインだな。実はそんなに甘くないのかな…?味を見る前は、率直にそんな感想を抱いていました。

しかし、一口味見してみると、先程まで感じていたそのような感想は180度変転します。
バニラアイスや蜂蜜のようなとろけるような甘さ。先程までの柑橘類の酸味が嘘のような感じがしました。
しかし、決してしつこい甘さではなく、舌の上で感じられる苦味がいいアクセントになっていました。

そしてなによりすごいのが、ワインが喉を通った後の余韻の長さ!
喉や鼻の奥のほうに、ずーっとワインの甘い香りが残り、朧げな提灯のようにぼんやりとした感じを楽しませてくれました。


アイスやお菓子の代わりとして、デザート感覚で楽しめるワインです。
甘いものは好きだけど、お酒も大好き!そんなあなたにオススメのワインです。

広告を非表示にする