遊覧飛行ーゲーム分析・データサイエンス・歴史・ワインー

ゲーム業界のデータアナリスト兼インディー歴史家のブログ。ゲームに関する分析の話題や歴史のトピック、さらには趣味のワインについてまで書いているブログです。

ARPUとは?分析現場のプロが1分で解説

f:id:ngyope:20210520044628p:plain

ARPUは「ARPU = 売上 / アクティブユーザー数」で求められる値で、ユーザー1人あたりの平均課金額のことを指す。

ゲームに限らずデータ分析で頻繁に用いられるARPUという指標。ゲーム業界で長年データ分析に関わってきた専門家が分かりやすく簡潔に解説をする。

ARPUの意味と求め方

ARPUとは「ユーザー1人あたりの平均課金額」のことで、英語の Average Revenue Per User の略称です。その値は、以下の計算式で求めることができる。

ARPU = 売上 / アクティブユーザー数

例えば日次のARPU (ARPDAU) を出したい場合は、ある日の売上をその日のアクティブユーザー数 (DAU) で割ることで求めることができる。

月次のARPU (ARPMAU) を出したい場合は、月次の売上を各月のアクティブユーザー数 (MAU) で割ることで求めることができる。

上の計算式からも明らかなように、ARPUは「課金ユーザー」と「非課金ユーザー」の両方を含めた1人あたりの平均課金額を意味する。そのため、例えばフリーミアムのサービスにおいて「お金を払ってもらっているか否か」「いくらお金を払ってもらっているか」の双方をひっくるめてサービス全体のマネタイズがどれだけ機能しているかを測る指標となる。

そのため、ARPUはサービスのマネタイズ面でのパフォーマンスを測るにあたってまず最初に見るべき指標であると言える。

あわせて読みたい

yuranhiko.hatenablog.com