YuRAN-HIKO

アナリスト兼、日曜歴史家のブログ。ゲーム分析や歴史のトピックが中心。

エンドコンテンツとは何か?その意味と意義について解説

タイトル画像

エンドコンテンツとはレベル上げが完了したユーザーに対して提供する、高難易度で何度でも繰り返し遊べるような要素を含んだコンテンツのことを指す。

アプリゲームやオンラインゲームでエンドコンテンツという言葉が使われる。しかし、この単語が何を指しているかが曖昧だと思うことはないだろうか。本記事では先人たちの議論から、エンドコンテンツとは何かという問いについて考える。

 

エンドコンテンツとはどういう意味か?

辞書で調べると、エンドコンテンツとは英語で Endgame Content と言う。この Endgame という単語は本来、チェスなどの終盤戦、大詰めを意味している言葉だ*1

ここからエンドコンテンツという言葉が派生している。まずはこの言葉がどういう意味で使われているのかを見てみよう。

エンドコンテンツとは、RPGなどのゲームで最高レベルに達した後でも、何度も挑戦し楽しむことの出来るコンテンツのこと。[中略] エンドコンテンツとは、RPGなどのゲームで最高レベルに達した後でも、何度も挑戦し楽しむことが出来るコンテンツを指す。特に繰り返し遊ぶため高難度に設定されていたり、レア装備や素材などがドロップする傾向にある。

Game Lexicon ゲーム大辞典 (http://game-lexicon.jp/)

エンドコンテンツとは、最大レベルに達することでプレイ可能になるゲームコンテンツのことを指し、主にあらかじめ構築されたメインのストーリーラインを完遂した後のコンテンツであることが多い。要するに、エンドコンテンツとは繰り返し遊べるコンテンツを通じて最大レベルのプレイヤーに成長の感覚を提供する手段のことである。

Guild Wars 2 Official Wiki (https://wiki.guildwars2.com/wiki/Main_Page)

エンドコンテンツとは、ゲームにおいてキャラクターがレベルキャップに到達し、もはやレベリングに主眼がおかれなくなった段階のことを指す。この段階に到達する前のゲームプレイが経験値をためることや新しいスキルを覚えることを主目的としている一方で、エンドコンテンツはプレイヤーにとって洗練された「最終的な目標地点」を意味する。その目標地点においては、キャラクターは十分に成長しきっており、かつゲームの中で最も大きなチャレンジに挑める状態になっている。

Wowpedia (http://wow.gamepedia.com/Portal:Main)

 

エンドコンテンツが満たす3つの要素

上の引用を踏まえると、エンドコンテンツは3つの要素からなることが分かる。それらは「レベル上げ後の遊び」「反復可能」「高難易度」という3点だ。

エンドコンテンツとは「レベル上げの遊び」「反復可能」「高難易度」

これらをまとめると、エンドコンテンツとはレベル上げが終わったユーザーに提供する、何度も遊べる、高難易度のコンテンツということになる。

1番目については、その名前からも簡単に想像がつくだろう。

2番目の反復可能について、1回クリアすれば終わりのコンテンツ、ないしは1回挑戦すればクリアできるようなコンテンツはエンドコンテンツとは言えないというわけだ。

したがって、エンドコンテンツは単なる「強い敵」というだけではない。高難易度であることは必要だが、強い敵と繰り返し戦って装備を強化するというのも、十分エンドコンテンツとみなせる。前者を実力を試す「発揮の場としてのエンドコンテンツ」と呼ぶならば、後者は「育成のエンドコンテンツ」と言えるだろう。

 

なぜエンドコンテンツが存在するのか?

エンドコンテンツが存在する理由は、ゲームコンテンツの制作にかかる時間を考えると理解しやすい。

ゲームコンテンツの制作は「企画立案」「仕様策定」「コード実装、アセット制作」「QA」という流れを経てユーザーに届けられる。コンテンツの内容によるが、この一連のプロセスに数か月かかることは珍しくない。

そのため、エンドコンテンツがないゲームは特にヘビーユーザーにとってすぐにやることがなくなり、コンテンツの供給が追いつかなくなってしまうことが多い。そうなると離脱への道まっしぐらとなってしまうため、何とかして長く遊び続けてもらうコンテンツが必要になってくる。それが、エンドコンテンツの存在理由だ。

 

ゲーム制作についてはこちらの本もおススメ。

なぜ人はゲームにハマるのか

なぜ人はゲームにハマるのか