はじめてこのブログを訪れた方へ

このブログはデータアナリスト兼歴史研究者である筆者 Yuki が運営するブログです。主に仕事や研究を通じて得られた気づきや知見のシェアなどをしています。 このページでは、このブログで公開している記事の方向性や、筆者の自己紹介をさせていただきます。…

SPLGの経費率引き下げとS&P500指数連動ETF (SPY, VOO, IVV, SPLG) の比較

S&P500指数に連動する米国ETFについて、いくつかの指標を比較しその良し悪しを見てみました。とくに SPLG の経費率が業界最低水準に引き下がったことから、主に SPLG と他の ETF の比較に焦点を当てています。

重回帰分析と多重共線性

今回は重回帰分析を行う上で避けて通ることのできない、多重共線性を扱います。

情報量規準 (AIC / BIC) と回帰分析の変数選択

データサイエンティスト協会が2021年に発表したスキルチェックリストver.4から、データサイエンス力の No. 58 にあたる予測 (回帰・分類)、「重回帰分析や判別分析を実行する際に変数選択手法の特徴を理解し、適用できる 」の内容を参考文献をもとにまとめま…

回帰分析の検定と変数選択

データサイエンティスト協会が2021年に発表したスキルチェックリストver.4から、データサイエンス力の No. 58 にあたる予測 (回帰・分類)、「重回帰分析や判別分析を実行する際に変数選択手法の特徴を理解し、適用できる 」の内容を参考文献をもとにまとめま…

回帰分析の基礎 - 重回帰分析 -

データサイエンティスト協会が2021年に発表したスキルチェックリストver.4から、データサイエンス力の No. 57 にあたる予測 (回帰・分類)、「重回帰分析において偏回帰係数と標準偏回帰係数、重相関係数について説明できる 」の内容を参考文献をもとにまとめ…

回帰分析の基礎 - 単回帰分析 -

データサイエンティスト協会が2021年に発表したスキルチェックリストver.4から、データサイエンス力の No. 56 にあたる予測 (回帰・分類)、「単回帰分析において最小二乗法、回帰係数、標準誤差、決定係数を理解し、モデルを構築できる」の内容を参考文献を…

Looker Studio で一部のグラフにのみフィルタを設定する方法

Looker Studio 上で「特定のグラウにだけ適用されるフィルタ」の作成方法を解説します。設定したいフィルタと適用したいグラフを「グループ」化することによってそのようなフィルタを作成することができます。

立教大学で人文学とゲーム産業に関する講義をしてきました

本日 (2023年6月28日)、立教大学の小澤実先生が開講されている「人文情報・メディア学入門」という講義で、ゲストスピーカーとしてお話をする機会をいただきました。

拙稿がイギリスの歴史学研究誌に掲載されました (2023年6月)

拙稿がイギリスの学術雑誌 Northern Scotland の最新号に掲載されました。論文のタイトルは The Structure and Exercise of Power in Moray under Thomas Randolph, First Earl of Moray, 1312–32 です。 https://www.euppublishing.com/doi/10.3366/nor.202…

【実は簡単】Looker Studio を各自のフィルタ設定でブックマークする

Looker Studio でユーザーごとのフィルタ設定でレポートをブックマークする方法を紹介した記事です。本記事の方法を用いれば、ひとつのレポートを複数のニーズの異なるユーザーに向けて提供することができます。