遊覧飛行ーワインとゲームー

オンラインゲームのプランナーを経て、現在はスマホゲームのアナリストをやっている人間のブログ。ゲームのネタや分析に関する話題、それ以外にも趣味のワインに関する記事を書いています。

実は意味がなかった!?ワインを舌の上で「転がす」について

f:id:ngyope:20160320112236j:plain

舌は場所によって味の感じ方が違う」は誤りだった……グノシーで⬇のような記事を見つけたので、読んでみました。 結論を言うと、特定の味を感じやすい部分はあるにはあるが、それはほんの些細な差で、あらゆる味覚はを舌全体で感じているみたいです。

gunosy.com

読んでの感想

ワインを舌の上で「転がす」ということはよく行われます。これは舌の各部分で、ワインの渋味や酸味といった様々な味を分析するために行われています。

ですが、あらゆる味は舌全体で感じられているとしたならば、この「転がす」といった行為は実はあんまり意味のない……ということになりますね。

本当に敏感な舌を持っているソムリエの方なら、その些細な差で部分ごとに違う味を感じられるのかもしれませんが、少なくとも一般の人にとっては、意味のない行為だったのかもしれません。