歴史

ケルトの歴史:古代における「ケルト」への言及

皆さんは「ケルト」という言葉にどのようなイメージを持っているでしょうか。本記事では、そんな「ケルト」という言葉を扱います。ケルト人はどのような歴史をたどってきたのでしょうか。

レコンキスタとは何か:その解釈の歴史と展開

では結局、レコンキスタとは何だったのかと。この問いに対して、これまで中世スペイン史研究ではいろんな見解が出されてきました。そして、論争は今でも続いています。

【ヨーロッパの成立】レコンキスタの展開と実態 11世紀

19世紀に入って近代歴史学が発展すると、中世におけるキリスト教国の征服活動は「レコンキスタ」と呼ばれるようになりました。しかし、今日の歴史学では、その展開は非常に複雑なものだったと考えられています。中世中期の拡大が始まった11世紀、英雄エル・…

【ヨーロッパの成立】東欧カトリック諸国の誕生 10-11世紀

本記事では、中世初期における東ヨーロッパへのキリスト教の拡大について解説していきます。

ヨーロッパの成立 950-1350年

ヨーロッパとは固定化されたものではなく、実体としてもイメージとしても常に変化するものと言えます。そんなヨーロッパを西洋中世史家のロバート・バートレット氏はこう言い表しています。「ヨーロッパとは地理的なものであると同時に概念的なものである」…

学者の助言が王の意思決定に与えた影響 (新アッシリア帝国)

組織のリーダーには、日々さまざまな意思決定が求められます。それは古代も現代も変わりません。 しかし、その意思決定をどういうプロセスで行うのか。誰がその意思決定に関わり、何をよりどころにしてその意思決定を行うか。これらは時代と地域によって異な…

古代メソポタミアのノートから見る教育とリテラシー (モノの記憶シリーズ 001)

ニューヨークのメトロポリタン美術館。この美術館に、ある粘土製の玉のようなものが所蔵されています。ちょうど手のひらにおさまるくらいの大きさで、表面には何やら記号のようなものが刻まれています。

漢字の起源:殷王朝時代の甲骨文字

以前の記事で、交易や会計での必要性が人類史において文字を生み出す契機となったと述べた。しかし、世の中にはそれ以外の理由で生まれてきた文字が存在する。それが漢字だ。私たちが普段つかっている漢字は、交易や会計とは別の理由から生まれてきたと考え…

文字以前の社会におけるデータの保存

太古より、人類は多様な情報をもとに意思決定を行ってきた。そしてその意思決定を支えるために、様々なデータや情報が時代の要請に応じて作られていった。文字以前の社会において人々はどうやってデータを残していったのか。そしてそれは何に用いられたのだ…

グローバルヒストリーとは何か?その考え方と高校教育への影響

近年歴史研究の大きな潮流となっているグローバルヒストリー。その生まれや影響について概要を述べ、2022年以降の高校「歴史総合」への流れを分かりやすく解説。

中世におけるヨーロッパの拡大

10-14世紀における「ラテン=カトリック教圏」の拡大は今日のヨーロッパ社会や文化の一体性を形作るうえで重要な意味を担った。

飢饉、黒死病、牛疫:14世紀ヨーロッパを襲った大災害

「危機の時代」と呼ばれる14世紀ヨーロッパを襲った飢饉と黒死病。近年ではそれらに加えてさらに別の疫病が当時のヨーロッパを席巻したことが研究から明らかになってきている。

最新の研究が明らかにするピクト人の消滅とスコットランド王国の創成

ピクト人の消滅とスコットランド王国の創生にはどのような歴史の流れがあるのか。史料も少なく多くが闇に包まれているこの時代を、最新の研究とともに解説します。